Freiheit(フライハイト)はドイツ語で”自由”♡ 旅に関する情報を配信しています✈!

マレーシア旅行の注意点は?事前に確認しておくべき10のことは?!

 

こんにちは!

Feiheit TRIPのKYOKOです🌸

 

 

今回はマレーシアの旅行の注意点は?事前に確認しておくべき10のこととは?!をまとめていきます!

 

マレーシアってどんな国?

 

マレーシアには世界遺産にもなっている港町もあり、リゾート感を味わいつつもリーズナブルなところも多く、観光やショッピング、グルメに楽しめるところもたくさんあります!

 

 

日本からは飛行機で片道約6時間30分、時差はマイナス1時間と行きやすいのではないでしょうか?

 

 

インスタ映えスポットも人気があり、手つかずの自然や珍しい動物たちや植物に出会うこともあるでしょう。

 

大自然が広がるコタキナバルやボルネオ島付近の離島も近年では旅行者が増えています。

 

 

 

さらに宗教の信仰が深く、イスラム教がメインですが、仏教やヒンドゥー教徒が多い為、建物も宗教を想わせる様式の場所もあります。

 

地域それぞれで建築様式も違うため、別世界に来たような気分になるので、面白い観光地のひとつと言えるでしょう。

 

 

マレーシア旅行の注意点は?

 

一口に治安と言っても、公式治安情報の警報レベルが上がっていなかったとしても、日常的な犯罪や事件がゼロなわけではないですし、旅行中に現地の人とトラブルになったという声は多く聞かれます。

 

 

さらに、ワクワク気分だけで行ってしまって、旅行前にしっかり確認しておくんだった・・・!なんてことにならないようにしたいですよね。

 

そういう意味でも快適な旅にするために知っておいた方がよい情報をまとめていきます😉✨

 

 

マレーシア旅行での注意点その①:服装

 

まず年中真夏のマレーシアへ行くのに気になるのも服装ですよね!

 

マレーシアでは基本いついっても真夏な気候なので、現地の人は肌の露出が多いです。

 

 

この服装ひとつにしても、気をつけたいのがモスクや寺院に行くときは、基本的に肌の露出はNGです。

 

 

 

ムスリムの女性の服装を想像してもらえると分かるように、全身を包み込むような服装ですよね。

 

そういったところに行く予定がある方は少々暑くても、薄手の長袖にロングスカート、もしくはロング丈のパンツを着ましょう。

 

女性の方は特に、髪の毛も注意されることもあるようなので、大判ストールを一枚用意しておいた方がいいです。

 

 

さらに、これはルールや注意点とは少し違うかもしれませんが、マレーシアは基本真夏ということですから、スーパーなどの建物の中は冷房がガンガン効きすぎて、寒く感じることもあります。

 

 

そんな時はかさばらないように、ポケッタブルの長袖や薄手のカーディガンをポーチに入れて持ち歩くといいでしょう。

 

パンツは街を歩いたり、観光メインの場合はロング丈、海に行くならショートパンツやショートスカートなど、その日の予定に合わせて履いた方がいいですね👖。

 

 

マレーシア旅行での注意点その②:Wi-Fi環境

 

海外旅行で気になることのひとつは、携帯電話のインターネット環境。

現地でマップを開いたり、検索をしたくても、Wi-Fi環境がないとできないですよね。

 

 

マレーシアではレストランやカフェ、空港や、ショッピングモールなどほとんどの場所でWi-Fiが無料で利用可能です。

しかし速度は遅く、軽い調べものをするだけならOKというレベル。

 

 

日本でもスターバックスなどでWi-Fiを拾っても、遅い・・・ということがありますが、それと一緒です。

 

 

ホテルや宿泊施設でも、Wi-Fi無料とデカデカと表示されていても、『全くつながらない』という口コミが圧倒的に多いです。

 

なのでWi-Fiも日本であらかじめ用意しておくか、現地到着した後にSIMを購入するのがいいです。

 

 

 

ただマレーシアのスターバックスやカフェでは比較的さくさく動くという声もあるので、インターネット利用頻度が低いし調べものしかしないという人は、そこまで気にすることもないかもしれません。

 

マレーシア旅行での注意点その③:コンセント

スマホやパソコンなどを持ち歩く人には必須アイテムのコンセント!

 

コンセントは日本の形とは違っているので変換プラグを使用するしかありません。

マレーシアの変換プラグは、BF式もしくはBFタイプと書かれた3つの挿し口があるものを使用します。

 

 

中にはホテルなどで貸出しているところもあるようですが、念のために持っていくことをオススメします。

 

もしくは大容量のモバイルバッテリーがあれば、旅の途中でスマホの電源が切れてしまう!と焦ることがないので、プラグと同じく必需品ですね🔌

 

 

マレーシア旅行での注意点その④:現地の水や食べ物の衛生面

 

日本では水道水を飲むことは日常的ですが、マレーシアもミネラルウォーターを購入して飲むことをおすすめしますし、水道水は基本的に飲まない方が安全です。

 

格安の宿泊施設にもウエルカムドリンクとして、ミネラルウォーターを用意してくださっているところもあります。

 

マレーシアでは、ミネラルウォーターやジュース類の値段も20円とかなので現地調達の方が安く済みますよ!

 

 

またしっかりしたレストランではないところでの食事ですが、安すぎるし衛生面が心配という方もいるかと思いますが、マレーシアでは食品に関する衛生面はかなり厳しく、屋台でも衛生管理は徹底しています。

 

しかも屋台のごはんは『めちゃくちゃうまい!!』と評判なので、そこは一歩引かずに挑戦してほしいところだとか。

 

 

マレーシアには中華や日本食もありますし、タイ料理、韓国料理もあり、様々な食文化を食べて感じることができるので、マレーシア旅行では、楽しんでもらいたいもののひとつですね!🍙

 

 

マレーシア旅行での注意点その⑤:トイレ

 

海外に行くと、意外なのがトイレにはパスコード式の鍵がついていたり、有料だったりすることがありますよね!

 

マレーシアでもペトロナスツインタワーやセントラルマーケットには有料(約15円)のトイレがありますが、そんなに多くはなく、別の階に行けば無料のトイレがあったりします。

 

 

そこでさらに問題なのが、トイレットペーパーがないトイレや、水浸しのトイレが多いということ。

 

トイレットペーパーがないというのは、なんとなくわかる気がしますが、水浸しってどんな状況?!と思いますよね。

実はマレーシアではウォシュレットがなく付属のホースで洗うんだとか・・・・😰

 

なので便座から床からなにやらなにまで、びっちゃびちゃ・・・。

 

 

こんな時にサンダルなんか履いてたら最悪ですが、ここは自分で拭くか、別の場所を探すしかないです。

 

急を要する時もあると思うので、ティッシュや除菌系のウェットティッシュも必須アイテムとなります。

 

 

 

さらに安めの宿泊施設も、バスタブなしでシャワーとトイレが一緒のお部屋もあり、日本のようにカーテンもなく狭いので、毎回シャワーを使うたびにトイレまでべちゃべちゃになります。

 

 

さらには鍵が壊れていたりすることもあるので、鍵もしっかりと確認してから入りたいものですね~・・・。

 

 

マレーシア旅行での注意点その⑥:NGのジェスチャー

 

日本ではあまり、ジェスチャーに関して厳しいことはないですが、マレーシアでは文化や宗教の違いで失礼だと捉えられてしまったり、トラブルになってしまうこともあります。

 

 

例えば、指差しは人に対してだけではなく、モノや方向に対して使うのも失礼にあたるそうです。

 

また子供に対してかわいいからと、頭なでなでをするのもタブー。

 

 

特に『左手』を使うのは、イスラムの国では不浄とされていて、マナー違反となります。

 

指差しや、なでなでをする意外に左手でなにかを受け取ったり、ジェスチャーをしたりしてはいけないそうで、これは現地の人も徹底しているそうです。

 

 

ふとした瞬間にでてしまいそうで、怖いですが、言い訳も通じないので、気をつけたいところですね。

 

 

 

マレーシア旅行での注意点その⑦:モンスーンやスコール

 

マレーシアでは11月~2月、3月辺りまでを雨季といい、4月~10月までを乾季と言います。

雨季には雨が降りやすい傾向にあり、避ける人もいますが、実は年中真夏なマレーシアでは雨季の方が涼しさを運んでくれます。

 

 

日本の梅雨のように1日中ずっと雨が降って天気も悪くてジメジメ・・・☔

なんてことではなく、スコールのようにバケツをひっくり返したような雨が降り、太陽さんもすぐに戻ってきます。

 

 

乾季は乾季で、気温が上昇しやすいですが、フルーツがとっても美味しい季節なのですが雨季でも乾季でもスコールやモンスーンの影響を受けてしまうことはいつでもあります。

天気予報もあっても、ないようなもの。

 

なので現地の人も天気予報は一切みないので、今日の天気を聞いても知りません(笑)

 

 

すぐに入れる建物が近くにあればいいですが、軽量の折り畳み傘もあった方がいいと思いますし、モンスーンの影響でヘイズ(空気中の微粒子の霧)が発生するかもしれないのでマスクもあった方がいいでしょう!

 

 

マレーシア旅行での注意点その⑧:ひったくり・置き引き

 

こちらは日本でもそうですが、いくら治安状況は悪くないといえ、よろしくないことを考えている人はいます。

 

 

特に海外ではひったくりやスリのプロとも呼べる人がいるので、ただ肩から下げていたり、身に付けていれば安全ということはないと思っていた方がいいですね。

 

しっかり体の前側にカバンをしょったり、今では防犯に特化したカバンやリュックがあるので、そういったものを使うのもいいと思います。

 

 

さらにレストランなどで、トイレに行くにも日本なら携帯電話を置いていっても盗まれるということはほぼないですが、マレーシアや海外ではちょっと隙にはもう盗まれていたということも。

 

バスでの居眠りも厳禁です。

 

ですが気を張りすぎても疲れてしまうので、平然と堂々と観光を楽しみましょう😊

 

 

マレーシア旅行での注意点その⑨:タクシー

 

またマレーシアのタクシーを利用する場合は、日本のようにメーター制ではありません。

 

そして、交渉制なので最初は30RMだったのが、道が混雑していただけでも急に40RMと言われることもあります。

 

 

 

特にクアラルンプールでは、『タクシーの値引き交渉で物凄い剣幕で怒鳴り散らされて、身の危険を感じた』というような話をしょっちゅう聞きます。

 

 

 

あまりにも理不尽な値上げでない限りは、運転手を刺激するような発言は控えた方がいいです。

「なんで?」と聞いただけでも、『降りろ!!!』と言われることもあるようなので・・・( ゚Д゚)

 

 

空港からはタクシークーポンを購入して一律で乗れるので安心ですが、先に値段を決めてもらう方がいいと思いますし、Uberなどの配車アプリを使うのが、お得かつ安心です。

 

 

日本なら快く止まってくれる流しのタクシーでもマレーシアでは態度がよくないことも。

 

できれば流しのタクシーには乗らず、タクシー乗り場かUberなどの配車アプリで呼びましょう!

 

 

マレーシア旅行での注意点その⑩:緊急時の連絡先

 

これまでにも9つの注意点を記載しましたが、いざ何か起きてしまったり、紛失した際に連絡する場所はあらかじめ把握しておきましょう!

 

クレジットカードの紛失の場合は、事前に持っていくカード会社の電話番号をメモって、すぐに利用できないように頼みましょう。

 

 

財布や現金の場合は、日本なら拾って、届けてくれるということもありますが、海外では落とし物が返ってくる確率も、届けてくれる確率も稀です。

 

ただ、海外旅行の保険を適用するには、そこで諦めずに現地の警察へ行って、しっかりと手続きをしてもらいましょう。

 

【救急車・警察への連絡先】
クアラルンプール 999<警察・救急車>
ペナン (04)99<警察・救急車>
コタキナバル (088)221-191<警察ホットライン>
コタキナバル (088)250-555<救急車>
コタキナバル (088)994<火災>
ジョホールバル (07)999<警察・救急車>
ジョホール (07)994<火災>

【在マレーシア日本大使館】
クアラルンプール (03)2177-2600
ペナン (04)226−3030
コタキナバル(60)88−254-169

引用元:マレーシアマガジン

 

どうしたらいいかわからない時もマレーシア日本大使館に問い合わせてみたら、日本語で対応してもらえるので、解決法を教えてもらいましょう!

 

 

マレーシア旅行での注意点その⑩:これがあると便利!

 

最後に、マレーシア旅行にはこれがあるといいというものをまとめます👜

 

モスクや寺院見学に髪の毛(女性)を隠す大判ストール!寒さ対策にもGOOD!

ポケッタブルのジャケットや薄手のカーディガン

日焼け止め

トイレ用のティッシュ

トイレ用に除菌ウェットティッシュ

ポケットWi-Fi

BF式の変換プラグ

大容量モバイルバッテリー(10,000APぐらいのやつ)

防犯バック

ちょっとした会話ができるように英会話BOOK

 

 

 

まとめ

今回は、『マレーシア旅行の注意点は?事前に確認しておくべき10のことは?!』ということをメインにまとめました!

 

 

意外と調べてみると注意するべきことが多かったですね。

 

海外にいくとなにかしら、思う通りに行かなかったということがあるかもしれませんが、くじけずいい経験だと思って、ステキな旅にしていきましょう🎵

 

そして、事前に意識しておくのと、対策をせずに行くのでは大きな違いがでるので、せっかくなら嫌な思いはしたくないので、参考になると幸いです♡

 

 

こちらの記事も参考になります☟

 

コタキナバル空港から市内のアクセスは?バスやタクシーの乗り方!

マレーシアの雨季はいつ?コタキナバル旅行のベストシーズンは?

最新情報をチェックしよう!