Freiheit(フライハイト)はドイツ語で”自由”♡ 旅に関する情報を配信しています✈!

マレーシアの都市ごとの治安ランキング2019!注意ポイントまとめ!

 

こんにちは!

Freiheit TRIPのKYOKOです🌸

 

 

 

今回はマレーシアの都市ごとの治安2019!注意ポイントまとめ!ということをまとめいきます!

 

 

マレーシアってどんな国?

image4you / Pixabay

※画像はイメージです。

 

マレーシアには世界遺産にもなっている港町もあり、リゾート感を味わいつつもリーズナブルなところも多く、観光やショッピング、グルメに楽しめるところもたくさんあります!

 

 

日本からは飛行機で片道約6時間30分、時差はマイナス1時間と行きやすいのではないでしょうか?

 

またコタキナバル付近の離島は、トゥンク・アブドゥル・ラーマン公園という国立公園に指定されていてリゾート感を味わえたり、ダイビングやマリンスポーツを楽しむ場所としても人気上昇中です。

 

 

インスタ映えスポットも人気があり、手つかずの自然や珍しい動物たちや植物に出会うこともあるでしょう。

 

 

さらに宗教の信仰が深く、イスラム教がメインですが、仏教やヒンドゥー教徒が多い為、建物も宗教を想わせる様式の場所もあります。

 

地域それぞれで建築様式も違うため、別世界に来たような気分になるので、面白い観光地のひとつと言えるでしょう。

 

 

マレーシアの都市ごとの治安ランキング2019!

StockSnap / Pixabay

 

海外旅行というと気になるのが、旅行先の治安ですよね!

 

 

真っ先に気になるというよりは、『どうなんだろう?』と少し気になる程度かもしれませんが、治安や現地の状況を知ってから行くのと、なにも知らないで行くのとでは、全く違う旅になると思います。

 

これは脅しではなく、知っていれば防げたり、自ら気をつけることができるという意味です!

 

 

マレーシアは同じアジア圏内といえども、日本との経済状況も違えば、生活も違います。

なので観光客を狙った犯罪も起きれば、現地で日常的に起きる事件に出くわす可能性もゼロなわけではないんですね。

 

 

それは日本にいても、日々ニュースを見ていれば、毎日のように悲しいニュースが流れてきますが日本にいるより気をつけなくてはいけないことがあるので、各都市の治安状況と共に、まとめていきます😉✨

 

※ランキングは、筆者の考えに基づき、1位にいくほど治安がいいことを示しています。

 

 

クアラルンプール 治安ランキング10位

Walkerssk / Pixabay

マレーシアの首都で大都市のクアラルンプール。

 

中には、大都市で犯罪も多く起きそうなイメージという割には、他の都市よりは治安は悪くないと感じる方もいるようですが、クアラルンプールを旅している最中に”身の危険”を感じたという出来事があるのも、また事実です。

 

特に強盗やひったくりや置き引きはクアラルンプールでは多発傾向にあるということ。

 

 

レストランやカフェへも強盗犯が来て、金銭を脅し取り、そのまま立ち去るということもあるようで、さらには食い逃げ客を目撃した方もいました。

 

 

お子様連れの方は、必ず手を繋いだり防犯ブザーを持たせるなどの対策が必要です。

特に人ごみでは手を離さない方がいいです。

 

子供を誘拐される危険性もゼロではありません。

 

 

さらにクアラルンプールで最悪と悪評高いのはタクシーです。

空港からタクシークーポンを持っていても、ぼったくられそうになったという話や、友達がタクシーの運転手に人気のないところに連れ去られそうになったという怖い話もあります。

 

 

なので国も勧めている配車アプリを使うのが一番お得ですし、悪い運転手も少ないといいます。

しかし、大都市なので配車アプリでもタクシーが掴まらない場合は、きちんとしたタクシー乗り場で乗りましょう。

 

 

流しのタクシーには乗らないようにしましょうという警告が様々なサイトでも掲載されています。

 

 

またスマホやタブレット、ノートパソコンは電車やバスでは出さない方がいいようで、マレーシアではかなり高額で売れるものです。

狙われる可能性もあるので、自分のスマホは公共の乗り物では使わない方がいいですね。

 

それでも、自分の荷物を明らかに大事そうに、怖がって持ったりするのも、逆に怪しく見えるので平然と堂々と歩きましょう。

 

ただしマレーシアでは力づくで、盗もうとする人もいるので後ろからバイクが来たり、自転車が通りそうな時は少し警戒して

避けたり車道側から離れて歩くなどした方がいいです。

 

 

ペナン 治安ランキング9位

12019 / Pixabay

 

ペナンは残念ながら、あまりいい噂を聞かないのが正直なところです。

 

 

ジョージタウンには美味しいものもいっぱいあるし、イギリスにいるような気分になる街並みがあったかと思えば、中国に来たような気分になる街並みがあったりと、一度は行ってみたい都市のひとつなのですが・・・

 

 

クアラルンプール同様、日常茶飯事で犯罪が起きてしまっていますし、ホテルさえも信用しきれないところがあるらしいです・・・😰

 

突然車から降りてきて脅されたり、タクシーでは流暢な英語やマレーシア語で罵られ、ぼったくりをされることもあります。

 

 

しかし『行きたい!!』と思っているのに、こんな情報があったらどうやって身を守ればいいのか?ということになりますよね!

別記事で身を守るポイントもまとめますので、ペナンのように魅力的な都市だけど、心配・・・という時の参考になると幸いです😊

 

※書き上げましたら、こちらにもリンクを貼りますのでご覧ください(^^♪

 

ジョホールバール 治安ランキング8位

12019 / Pixabay

 

ジョホールバールはクアラルンプールに次いで、日本人在住者も多く、観光にも人気の都市です。

ジョホールバールでは、田舎暮らし体験ができたり、陸路でシンガーポールと繋がっていますし、フェリーでインドネシア・ビンタン島へ行くことも可能です。

 

またパイナップルクッキーがめちゃくちゃうまいと評判のお店もあったり、定番の観光地となっています。

しかし、クアラルンプールと同様に全体的に治安状況として警告がでるほどではないものの、日本に比べると悪いです。

ジョホールバールには外国人労働者も多いことから、犯罪が起きる数も多くなるそうです。

 

みんながみんな、犯罪を犯すわけではないものの、ひったくりや置き引きには十分注意したいところですし、女性が夜に一人で出歩くの危ない地域です。

クアラルンプール同様、犯罪やひったくりの事件はよくあることのようです。

 

 

ランカウイ 治安ランキング7位

Free-Photos / Pixabay

 

ランカウイ島はマレーシア北西部アンダマン海に浮かぶ島で、ビーチが特に人気の観光地のひとつですね。

 

また、島全体が免税ということもあって空港やスーパー、食品からコスメまでなんでも安く、日本人だけではなく欧米からの観光客も多いです。

 

 

そんなランカウイでは、クアラルンプールのようには治安が悪いということもなく、普通に気をつけていれば、あまり被害にも偶然居合わせるということも少ないそうです。

 

特にパンタイチェナンやパンタイテンガー、クアンタンという地域は、安心して旅ができると評判です。

 

 

パンタイとはビーチという意味で、海を楽しみたい方には持ってこいの場所で、観光客もTシャツに短パンというかなりラフなスタイルでいても問題ないそうです。

 

 

一方クアンタンではショッピングを楽しみたい方向け。

屋台では美味しい料理が食べられるし、お土産選びにも最適!

 

 

ランカウイではあまりひったくりや、置き引きの被害もないそうですが、いくらなんでも貴重品を置きっぱなしはやめた方がいいですね!

 

 

イポー 治安ランキング6位

Cuyahoga / Pixabay

イポーは、映画『「セカンドバージン」のロケ地としても有名ですよね!

イポーには20世紀初めごろの歴史的建造物が多く、洞窟寺院が見どころです🔍

 

 

しかし街中はそこまで広いわけでもなく、ネックなの移動は徒歩かタクシーを使うのが主流。

 

ひったくりやぼったくりには注意しないといけませんし、イポーもマレーシア内では治安はあまりいい方だとは言えない地域のようですね。

 

できるだけ、一通りの少ない道には行かずに人が多いところを歩いて、夜の一人歩きや女子だけで出歩くことも、なるべく控えた方がよいでしょう。

 

 

マラッカ 治安ランキング5位

sharonang / Pixabay

 

1400年に建国され、ヨーロッパに支配されて独特な文化が誕生しました。

 

マラッカではその文化が伝統的となり、色濃く残っている都市としても有名ですよね。

 

また世界遺産にも登録されている都市なので、観光客も各国から訪れています。

そこで、マレーシアでも大都市というイメージがあり、治安もよくない方に入るのかな~と思いがちですが、クアラルンプールやペナンに比べるとまだいい方だと言われており、ピリピリとした空気もないということでした。

 

 

基本的な日本にいるような油断をしなければ、事件に遭遇することも少ないと言いますね。

 

しかし一例として、昏睡強盗が起きたことや、レンタルサイクルに乗っていた時にリュックをひったくられたということもないわけではないので、例え自分が自転車に乗っている時でも油断は禁物。

 

 

 

また違う国の方とのグループツアーなどで、飲み物を勧められて飲んだらしたら、睡眠薬が入っていて金銭を盗まれたという事件もあったようなので、そういった異文化交流時にも注意が必要です。

 

マラッカでも、夜は人気のないところを避ければ、昼間よりも穏やかと感じる方もいるようなので、比較的安全といえるでしょう。

 

 

コタキナバル 治安ランキング4位

Free-Photos / Pixabay

 

コタキナバルはサバ州にありボルネオ島北部に位置する都市。

クアラルンプールからは遠く、海が綺麗ということもありリゾート感溢れる場所です。

 

コタキナバルではクアラルンプールのような悪質なタクシーの運転手も少なく、空港からはタクシークーポンを買ってから一律の値段で乗せてもらえるので、あまり値上げにうるさいタクシーはないようです。

 

 

しかし、ここでも流しタクシーではなく空港以外では配車アプリを使う方がいいです!

そしてたまに騙そうとする運転手もいるようなので、あらかじめ到着場所へ料金の確認をするといいそうです。

 

 

またリゾート地ということもあり、セクハラ被害もないこともないので、とてもいい人そうなガイドさんでも異性であれば、2人きりで遠くまでシュノーケリングやダイビングに誘われても断るようにしましょう。

 

 

またコタキナバル付近の離島では、他にも気をつけないといけないことがあります。

クラゲや猿やイノシシなどの動物にも注意しましょう。

 

 

人ではなく猿が盗んでいくことも稀にあります。

人であってもマレーシアでは返ってくる可能性は低いですが、猿に持っていかれてしまうと100%戻ってきません(泣)

 

 

ティオマン 治安ランキング3位

Julius_Silver / Pixabay

ティオマンは南シナ海に浮かぶ、パハン州に属する島です。

ティオマンも、観光地としての発展が少なく、大自然を満喫できる島🏝

 

しかし、そんなのどかな景色を見に来る観光客は多いのでフェリーが満席状態になることがあり、人ごみではいつものごとく注意が必要です。

 

島でも置き引きなどには気をつける必要がありますが、注意すべきは人だけではありません。

 

 

一般的な宿が取れずに、格安の宿に泊まってしまった方のブログでは蚊に襲撃され顔がぼこぼこになったということがあったようなので、虫よけだけではなくネットなど本格的に予防するものがあった方がいいかもしれません🐝

 

 

キャメロンハイランド 治安ランキング2位

sasint / Pixabay

キャメロンハイランドはイポーの約北に20kmの位置にある高原リゾート!

 

マレーシアは年中真夏ですが、キャメロンハイランドは避暑地として人気のあるリゾートです!

 

 

さらにマレーシアのお土産として人気の高いBOH紅茶の茶葉の生産地でもあるんですね~🍵

 

クアラルンプールからはバスで行く方法が一般的のようで、TBSバスターミナルから約4時間はかかってしまいます。

そんなキャメロンハイランドの治安はかなり良かったという声が多いです。

 

避暑地として有名なので、そんなにロングステイで来る方は少ないのかもしれませんが、基本的に油断しなければ、問題ないそうですね!

 

しかし、英語を覚える気がないマレー系の人が多いため、自分の意志を伝えるのが大変で、バカにされた経験があるという方もいました。

 

今のグーグル翻訳は、結構精度がいいので、そういったものを活用していい時間を過ごしてほしいなと思います。

 

 

ダマイビーチ

adamkontor / Pixabay

サラワクの州都クチンの北側い位置する半島のダマイビーチ。

ここは人口も少なく、喉かな景色が広がる美しいビーチです。🌅

 

なぜかいつも人が少ないので、海も綺麗で静かな癒しの時間を過ごすことができます。

中でも島内にはサントゥボン山という立派な山もあり、なんとも神秘的な風景だそう。

 

ここではいつ来ても人が少ないということもあり、強盗やひったくり被害はないそうです!

 

しかし、開放的になりすぎず貴重品はしっかりしておきましょう!

 

 

まとめ

今回は『マレーシアの都市ごとの治安2019!注意ポイントまとめ!』をまとめました!

 

治安警報レベルが発令されていなくても、都市ごとで犯罪が起きやすいとこと、比較的安全だというところがありましたね。

基本は、バッグは体にしっかり密着するものだったり、夜道を一人で歩かない、モノを置きっぱなしにしないなどはしっかりとしていきましょう!

 

また、気安く日本語で話しかけてくる外国人にも注意が必要なようです。

そういった場合は大抵よからぬことが起きるということでした。

 

今後も身を守るポイントなどもまとめていきますので、できるだけ楽しい旅になるようにしていきたいものですね!

 

 

参考になると幸いです♡

 

 

 

こちらの記事も参考になります☟

 

マレーシア旅行の注意点は?事前に確認しておくべき10のことは?!

コタキナバル空港から市内のアクセスは?バスやタクシーの乗り方!

最新情報をチェックしよう!